Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

青木智仁(あおきともひと)とは

   

青木智仁(あおきともひと)とは、日本のセッションシーンで活躍したベーシストであり、堅実なプレイ多彩な引き出しにより多くのミュージシャンから支持を受けていた。

活動拠点は主に日本であり、多くの有名日本人ミュージシャンと活動を共にしている。角松敏生、杏里、SPEED、SMAP、平井堅、織田哲郎、小柳ゆき、大黒摩季などなど。また、ポップスだけでなくフュージョン界でも非常に強い支持を受けており、本田雅人、DIMENSION、増崎孝司、則竹裕之、渡辺貞夫と共演している。

他にも、塩谷哲、本田雅人、沼澤尚という日本最強布陣によるバンドであるFOUR OF A KINDにも参加している。このバンドは元々青木智仁発案で他のメンバーに声をかけたところ、全員興味を持って活動に至ったという。

ソロ活動も行っている。

日本でとにかく人気のベーシストである青木智仁。好きなベーシストと聞かれたときに、とりあえず「青木智仁」と言っておけば文句言ってくるやつはいない。それくらい上手い。惜しくも2006年に若くして亡くなりましたが、今でも根強いファンが多い。

■プレイスタイル

安定感

抜群の安定感・安心感。青木智仁がバックバンドにいるだけで、「このバンドは安心してみられる」というほどの安定感を持つ。

後ろに引いてプレイするときには他の楽器の邪魔をせずに、うまい具合にアンサンブルに溶け込む。悪目立ちはせずに、ひたすら職人的に他のメンバーを支える。しかも、「悪目立ち」はしないというだけで、「目立たない」という意味ではない。

むしろ裏で鳴っているベースの音を聞くと、もうそのベースプレイを聞いているだけで心地が良く、成立している。それほどまでにハイクオリティのベースプレイをしていながら、全体で聞くとアンサンブルとキレイに調和している。彼は品良く自分の色を出しながらも、決してアンサンブルを崩さず、むしろ全体を美しく整える働きをしてしまうのである。

彼のプレイを聞けば、一発で人気ベーシストである理由がわかります。

スラッププレイ

彼のトレードマークでもあるスラッププレイ。バリうまです。テクニックも高い。しかし、テクニックだけで言えばさらなる超絶さんはいる。だが、青木智仁ほどの抜群の安定感によるスラップはなかなか無い。

青木智仁のスラップはアンサンブルにおけるポジション取りが素晴らしい。スラップはベーシストのエゴが出やすく、とにかく前へ前へ主張していくプレイヤーは多い。だが、青木智仁はここでも上手くアンサンブルと調和させる。しっかりと低音のあるスラップでボトムを支えながらも、存在感のあるフレージングを行う、それでいてアンサンブルにおいてちょうど良い立ち位置にポジションを取る。

誰もがお手本にしたくなるようなスラップです。

影響

青木智仁はマーカス・ミラーロッコ・プレスティアからの影響がみられます。

特にスラップサウンドはマーカス・ミラー直系のドンシャリサウンドですね。ただし、マーカスと比較するともっとボトム感があり、前面にでていくというよりは後ろで支えることを想定したようなスラップですね。また、マーカスはグルーヴで細かく遊ぶのに対し、青木智仁は比較的ストレートなグルーヴ感覚を持っているともいえます。

他のミュージシャンからの影響はみられるが、あくまで自身の「青木智仁」スタイルを築いているベーシストです。

■まとめ

日本で絶大なる支持を受けるベーシスト、青木智仁。聞けばその理由はすぐにわかります。まさに「プロ」といったプレイスタイルであり、自身の個性も持っている。彼のプレイをもっともっと聞いていたかったなぁ、としみじみ。

 - ベーシスト ,

  関連記事

no image
トニー・グレイ(Tony Grey)とは

トニー・グレイ(Tony Grey)とは上原ひろみのバンドで活躍したことで知られ …

no image
Alain Caron(アラン・キャロン)「カナダ出身ハイテクベーシスト」

カナダ出身のハイテクベーシストである、Alain Caron(アラン・キャロン) …

no image
Percy Jones(パーシー・ジョーンズ)「変態フレットレス」

変態的なフレットレスベーシスト、Percy Jones(パーシー・ジョーンズ)。 …

no image
ウィル・リー(Will Lee)とは

ウィル・リー(Will Lee)とは1952年生まれアメリカ合衆国のセッションベ …

no image
Jimmy Johnson(ジミー・ジョンソン)「メロディアスなソロが特徴」

アレンビックベースがトレードマークのセッションベーシスト、Jimmy Johns …

no image
Dave LaRue(デイヴ・ラルー)「ロック界の隠れた名手」

ロック界の隠れた名手、Dave LaRue(デイヴ・ラルー)。 ドリーム・シアタ …

no image
Mark King(マーク・キング)「マシンガンスラップ」

機関銃の如き超高速スラップが特徴の、Mark King(マーク・キング)。 イギ …

no image
Marcus Miller(マーカス・ミラー)「ドンシャリスラップ」

ドンシャリサウンドによるスラッププレイが特徴のベーシスト、Marcus Mill …

no image
Billy Sheehan(ビリー・シーン)「超絶ロックベーシスト」

Mr.Bigのベーシストとして名を馳せた、Billy Sheehan(ビリー・シ …

no image
John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)

レッド・ツェッペリンのベーシストである、John Paul Jones(ジョン・ …