Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Bunny Brunel(バニー・ブルネル)「第三のフレットレスベーシスト」

      2017/05/14

主にジャズ・フュージョン界で活躍するフレットレスベースプレイヤーの、Bunny Brunel(バニー・ブルネル)

チック・コリア、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター等の有名ジャズミュージシャンとの共演、トニー・マカパインデニス・チェンバースと結成したCABで活動をしている。

 

フレットレスベーシスト

バニー・ブルネルは4弦のフレットレスベーシストである。しかし、フレットレスベーシストと聞けば、思い浮かぶのは大体あの人。そう、ジャコ・パストリアス。そして、ジャコ・パストリアスと違う方向でフレットレスベースを活用した男もいる。そう、パーシー・ジョーンズ

この二人がフレットレスベースのスタイルを固めてしまったために、あまり目立たないバニー・ブルネル。チック・コリアのバンドに抜擢されているけど、あまり目立たないバニー・ブルネル。変なベースの持ち方をしているけど、あまり目立たないバニー・ブルネル

そして、バニー・ブルネルはプレイスタイルもジャコ・パストリアスとパーシー・ジョーンズの良いところを組み合わせたハイブリッド型。しかし、逆にそのせいでさらに目立たなくなってしまった。かも。

 

プレイスタイル

プレイスタイルは上述したようにジャコ・パストリアスとパーシー・ジョーンズのハイブリッド型です。特にグリッサンドとヴィブラートは完全にパーシー・ジョーンズの影響が入っています。ただし、パーシー・ジョーンズほど気味悪くありません。ゆっくりとしたグリスで音を移動することにより、フレットレス特有の不安定感を演出することができます。

また、ペンタを多用するのもひとつの特徴。バニー・ブルネルは手癖のペンタフレーズを多用しますが、この手癖フレーズが弾きやすく、かつ難しそうに聞こえるという非常に燃費の良いフレーズです。バニー・ブルネルのソロではほぼ100%弾かれる手癖フレーズです。一度聞けば耳に残るような、大変印象的なフレーズであり、バニー・ブルネルの武器の一つだと思います。


 

 - ベーシスト

  関連記事

no image
Jimmy Haslip(ジミー・ハスリップ)

左利きのベーシストである、Jimmy Haslip(ジミー・ハスリップ)。 左利 …

no image
Paul Jackson(ポール・ジャクソン)「ヘッドハンターズのベーシスト」

ハービー・ハンコックの歴史的名盤である「ヘッドハンターズ」に参加したことで知られ …

no image
スティーヴ・スワロウ(Steve Swallow)とは

スティーヴ・スワロウ(Steve Swallow)とは、1940年10月4日生ま …

クリス・ミン・ドーキー(Chris Minh Doky)とは

クリス・ミン・ドーキー(Chris Minh Doky)とは1969年生まれのベ …

no image
John Patitucci(ジョン・パティトゥッチ)

美しいベースソロを弾くウッドベース・エレクトリックベースの両刀使い、John P …

no image
Etienne MBAPPE(エティエンヌ・ムバペ)「手袋ベーシスト」

両手に手袋はめてベースを弾くことが特徴のカメルーン出身ベーシスト、Etienne …

no image
Tim Bogert(ティム・ボガート)「荒くれベーシスト」

荒々しいリードベーススタイルで人気の、Tim Bogert(ティム・ボガート)。 …

no image
Stuart Hamm(スチュアート・ハム)「テクニックの宝庫」

セッションベーシストとして数多くのレコーディングやライブに参加している、Stua …

no image
ヴァーダイン・ホワイト(Verdine White)とは

ヴァーダイン・ホワイト(Verdine White)とは、陽気なパーティー野郎が …

no image
Tony Levin(トニー・レヴィン)「チャップマン・スティック使い」

セッションベーシストとして数多のミュージシャンのレコーディングやライブに参加して …