Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Carl Palmer(カール・パーマー)

   

プログレ界で活躍するドラマー、Carl Palmer(カール・パーマー)

プログレ界を代表するトリオバンドであるエマーソン・レイク・アンド・パーマーでの活躍により、世界的に有名になったドラマーであり、その他にもエイジアでの活動が知られている。

個性的なグルーブ感覚と光るフィルのセンスが特徴のドラマーであり、高い人気をほこります。

プレイスタイル

エイジアでも活動していたが、やはりカール・パーマーを語るにはエマーソン・レイク・アンド・パーマーです。キース・エマーソン、グレッグ・レイクという二人の大物がいるこのバンド。目まぐるしく変わっていく展開、細かいキメが特徴であり、楽曲の難易度がとにかく高い。曲を覚えるのでさえ一苦労しそうである。

しかし、細かいところまで工夫されている楽曲である一方で、このバンドはとにかく勢いで押し切るテンション芸人的な側面がある。細かい工夫がなされてるくせに、こまけぇこたぁいいんだよ!的なノリなのです。

そしてこのノリがカール・パーマーに合っていた。

なんといったってオルガンにナイフをぶっ刺すような奇人がいるバンドです。普通の神経ではついていけない

逆にエイジアでのカール・パーマーは個人的には聞いていてあまり楽しくありません。やはりカール・パーマーはテンションで押し切って、細かいことを気にせずに勢いよく演奏しているエマーソン・レイク・アンド・パーマーが一番合っている。

うわさ

そんなカール・パーマーにはある噂があります。それは、もしかして下手なんじゃないか、、、、という噂です。

真実を確かめるためにはGoogleに聞くのが一番、ということで検索してみると、

carl

おやまあ

下手だそうです。
※この表示は現在はされておりません。

いや、でもこれだけではわからないので一応この表示をクリックしてみました。そしたら、、、、

carl2

おやまあ

やっぱり下手だそうです。

独特プレイスタイル

では、本当に下手なのか?いや、それはやはり違うと思います

カール・パーマーがこのように言われるわけは大体予想されますが、リズムがよれると言われているからです。ちなみに、リズムは本当によれます。それにくわえて、走る

だが、リズムを守っていれば優秀なドラマーと言えるだろうか?

それは違います。それであれば人間が叩く意味はありません。人間が叩いている限りは、どんなに上手い人間でも多少はリズムがよれたりします。しかし、それが各々の個性となります。

カール・パーマーについていえば、クラシック教育を受けていた影響か、通常のロックドラマーが持ち合わせていないような独特のグルーブ感があります。タイトな8分感覚を持つわけでもなく、跳ねまわるような16分の感覚を持つわけでもない。しかし、独特のノリを持っている。

それは、バスドラムでリズムを守る感覚より、スティックを持つ両手を自分のドラムスタイルの中心に置いているからだと思います。

動き回る両手

クラシック教育を受けていたせいか、カール・パーマーはバスドラムでリズムを作り出す感覚が他のドラマーと比較して弱い印象を受けます。

代わりにスティックを持つ両手は達者です。とにかく動き回る。そして、スネア周りでのプレイもマーチングドラム的と言えば良いのだろうか、リズムを作り出すというよりは、キーボードなどの他の楽器に絡むようなプレイが多い。キメを合わせることも多く、ドラムなのにメロディを叩いているような感覚を持ち合わせています。

そして、これがカール・パーマーの強烈な個性ともなっているのです。

バスドラムで4分を強調する感覚が薄いことにより必然的にどこか不安定な感覚にさらされるが、一方で両手で積極的にフィルインをしたりメロディに絡んだプレイをすることにより独特の疾走感が生まれる。

これぞ、カール・パーマー。

まとめ

カール・パーマーのドラミングは聞いていて楽しい。

それは不安定なリズムにより醸しだされる緊張感、そして動き回る両手によって生まれる疾走感がジェットコースター的なスリルを聞いている人に味わわせるからだと思います。

だが、このスリル感はエマーソン・レイク・アンド・パーマーに必要だったのです。

カール・パーマーが他のプログレ・バンドに加入していたら、この個性は活きなかったはずです。彼の忙しないドタバタしたドラミングはテンションで押し切るエマーソン・レイク・アンド・パーマーだからこそ最大限に発揮されたのです。

音楽において、正確に間違えずに演奏することが決して正解ではないことを教えてくれるのが、カール・パーマーなのです。

 - ドラマー ,

  関連記事

no image
Bill Bruford(ビル・ブルーフォード、ビル・ブラッフォード)

人気プログレバンドを渡り歩いた一流のドラマー、Bill Bruford(ビル・ブ …

no image
Omar Hakim(オマー・ハキム)「オールラウンドドラマー」

ジャズ・フュージョン・ポップスで活躍するドラマー、Omar Hakim(オマー・ …

no image
Mike Portnoy(マイク・ポートノイ)「変拍子対応超絶テクニシャン」

ドリーム・シアターの元ドラマーである、Mike Portnoy(マイク・ポートノ …

スチュワート・コープランド
スチュワート・コープランド(Stewart Copeland)とは

スチュワート・コープランド(Stewart Copeland)とは1952年7月 …

no image
Steve Gadd(スティーヴ・ガッド)「ドラムの神様」

圧倒的人気を誇るセッションドラマー、Steve Gadd(スティーヴ・ガッド)。 …

no image
Lenny White(レニー・ホワイト)「軽やかなグルーヴ」

ジャズ・フュージョン界で活躍する一流のドラマー、Lenny White(レニー・ …

no image
Neil Peart(ニール・パート)「歌うドラミング」

カナダのプログレッシブハードロックバンドラッシュのドラマーである、Neil Pe …

no image
川口千里「女子高生という前置きはもはや不要、一音入魂ドラマー」

日本が誇る手数王菅沼孝三の弟子である、ドラマーである川口千里。 女性の楽器演奏者 …

no image
Dennis Chambers(デニス・チェンバース)「重戦車ドラミング」

超人的なテクニックにドッシリと重いグルーヴが特徴のドラマー、Dennis Cha …

no image
Terry Bozzio(テリー・ボジオ)「要塞ドラム」

超絶的なドラミングに要塞のようなドラムセットを持つドラマー、Terry Bozz …