Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Dave LaRue(デイヴ・ラルー)「ロック界の隠れた名手」

      2015/01/28

ロック界の隠れた名手、Dave LaRue(デイヴ・ラルー)

ドリーム・シアターも影響を受けていると言われるディキシー・ドレッグスや、スティーヴ・モーズバンド、ジョー・サトリアーニ、それこそドリーム・シアターのジョン・ペトルーシなどと活動している。

ロック界のベーシストの中でも特に高いテクニックを持っているのだが、その実力のわりには知名度は低い。おそらくビリー・シーンのせいであろう。ロックベース界ではビリー・シーンが目立ちすぎて、他のベーシストの影が薄い点は否めない。

それに加えて、デイヴ・ラルーにはスチュアート・ハムというプレイスタイル被りのベーシストがいて、なおのこと影が薄くなっている感がある。

スチュアート・ハムとビリー・シーンは双方とも、視覚的にも聴覚的にもインパクトのある飛び道具テクニックを持っているため、正統派に上手いデイヴ・ラルーの認知度はあまりあがらなかったのだろう。不遇である。上手いのに。

 

プレイスタイル

デイヴ・ラルーのプレイスタイルはあまりロックベースらしくない。どちらかというとフュージョンベーシスト的なプレイスタイルなのである。音もクリーンなサウンドであり、ロックベーシストというよりはフュージョンベーシスト的。

テクニックもロックベーシストの中でも頭ひとつ抜けている印象があり、指弾きでの速弾き、スラッププレイ、メロディアスなソロが特徴である。

おそらくですが、好きなジャンルもどちらかというとフュージョン寄りな気がする。練習もフュージョン曲などを練習してそう。非常に高いテクニックを持っていますが、ロック的かというと少し違う。だからこそ、実力の割にあまり認知度はないのかなと感じます。

それでも、参加しているミュージシャンを見ると、高いテクニックを要求されるミュージシャンが多いので、ミュージシャンの間ではしっかりと評価はされていると思われる。

 - ベーシスト ,

  関連記事

no image
Billy Sheehan(ビリー・シーン)「超絶ロックベーシスト」

Mr.Bigのベーシストとして名を馳せた、Billy Sheehan(ビリー・シ …

no image
Anthony Jackson(アンソニー・ジャクソン)「全ジャンル対応セッションベーシスト」

数多くのミュージシャンの作品に参加している、全ジャンル対応スーパーセッションベー …

no image
Alain Caron(アラン・キャロン)「カナダ出身ハイテクベーシスト」

カナダ出身のハイテクベーシストである、Alain Caron(アラン・キャロン) …

no image
ジョン・ウェットン(John Wetton)とは

ジョン・ウェットン(John Wetton)とは、キング・クリムゾンやエイジアで …

no image
ウィル・リー(Will Lee)とは

ウィル・リー(Will Lee)とは1952年生まれアメリカ合衆国のセッションベ …

no image
ドミニク・ディ・ピアッツア(Dominique Di Piazza)とは

ドミニク・ディ・ピアッツア(Dominique Di Piazza)とは、フラン …

no image
Rocco Prestia(ロッコ・プレスティア)「驚異の16分音符」

16分音符のプレイスタイルが特徴的なTower of Powerのベーシスト、R …

no image
Percy Jones(パーシー・ジョーンズ)「変態フレットレス」

変態的なフレットレスベーシスト、Percy Jones(パーシー・ジョーンズ)。 …

マイク・ラザフォード(Mike Rutherford)とは

マイク・ラザフォード(Mike Rutherford)とは、1950年10月2日 …

no image
Sting(スティング)

イギリス出身のミュージシャンである、Sting(スティング)。 スチュアート・コ …