Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

【まとめ】ドライブに重宝するミュージシャンまとめ

   

友人たち、気になる人、恋人とのドライブの際に意外と気を使うのがBGM。

一人のドライブだったらとりあえず好きな曲をかけておけば良い。でも、友人たちと旅行に行く時、みんなは会話を楽しみたいと思っているのに、自分の好きなヘヴィメタルを爆音で流すわけにはいかない。気になるあの人、もしくは恋人とのドライブでも、良い雰囲気を作り出すためにはBGM選びは超重要。多分。

少なくとも気になる子の前でプログレとかはかけないほうが良いでしょう。だって、拍子がとれない音楽を聞いていて楽しめるわけないですし。

ということで、今回はドライブの時に重宝するミュージシャンを紹介していきたいと思います。基本的には「無難に攻める」が鉄則。とにかく、プログレはだめ

■どんな場でも使いやすいミュージシャンたち

1.Incognito

incognito

男女問わず幅広い年齢層をカバーできる、ドライブBGMとしての汎用性が抜群なインコグニート。男女混合ボーカルなので男女問わずに楽しめるのが強み。一般認知度が凄く高いわけではないが、毎年のように来日しているくらいには、日本でも人気がある。日本人好みのメロディなのでまず嫌いな人はいないだろう。明るめな曲が多く、楽しい雰囲気を作ってくれる。それでいておとなしめなバラードもある。オールマイティー。

2.Bruno Mars

brunomars

大ヒット曲”Marry You”もあり、話題にしやすい。基本的に明るい曲が多い。テンションを高くしていく場には打ってつけ。バリエーションをつけるために、女性ボーカルのミュージシャンと併用した方が良い。でも使いやすい。

3.New York Voices

男女コーラスグループ。美しいコーラスワークが特徴。ただし、ジャズ色の強い曲が多く、下手すると眠くなる。そのため、選曲は必須。「パッパラー」のメロディが特徴的な”Now Or Never”や、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのカバーである”That’s The Way Of The World”などは聞きやすい。アゲアゲの曲はほぼないので、他のミュージシャンと併用した方が良い。

4.Maroon 5

Maroon_5

有名な曲が多いので使いやすい。男性ボーカルなので女性ボーカリストとの併用などをすると良い。ポップなメロディなので、みんなで合唱もできる。ただし、歌詞の内容がナヨナヨなのでヘタレだと思われるリスクはあらかじめ覚悟する必要あり。

5.Marlena Shaw

Marlena_Shaw

女性ボーカリスト。名曲バラードが多い。全体的にオシャレな雰囲気が漂うはず。声も美しい。ダウナーな曲が多いので、明るい曲が多いミュージシャンと併用するのが良さそう。

6.Syncopation

男女混合ボーカルで、そこそこ明るめな曲もあったり名バラードもあったりして使いやすい。インコグニートほど汎用性は高くないが、男女問わず楽しめるのは強み。

7.Jamiroquai

jamiroquai-JayKay

日本でも人気だし、CMに使われた曲もあるので使いやすい。男性ボーカルなので女性ボーカルとの併用が良い。パーティーな雰囲気の曲が結構多い。

8.Queen

Queen_1984_

そもそも日本で人気だったのが、キムタクによりさらに知っている世代が増えた。有名曲のオンパレードだし、ドラマの話にも繋げられるし、かなり使いやすい。

■状況に応じて使えるミュージシャン

1.Tower Of Power

ファンキーでとにかく明るい。ホーン・セクションも派手なので、場を盛り上げるには使いやすい。しかし、リズムが細かく、ホーン・セクションも目立つので、途中で疲れる可能性もあり。場の雰囲気に応じて使ったほうが良い。箸休め用の曲は必須。

2.TOTO

800px-TOTO_live_2010_in_Copenhagen_in_KB_Hallen

ポップなメロデイが特徴のオシャレなロック。”Africa”、”Rosanna”、”Georgy Porgy”などはロック色も弱いので聞きやすい。”Hydra”あたりは名曲だけどドライブに使うにはロック色が強すぎる可能性も。選曲は必須。

3.Pat Metheny Group

Pat_Metheny

名フュージョンギタリストのパット・メセニー。インストゥルメンタル、もしくは、歌詞のない歌モノが主なので耳に優しい。澄んだサウンドなので、会話の邪魔にならない。でも、パット・メセニーのギターソロが巧すぎて気になるかもしれない

4.Peter Gabriel

Peter_Gabriel

意外と使いやすい。キレイな曲が多い。でも、なんか壮大なので途中でお腹いっぱいになる可能性はある。

5.Erykah Badu

Erykah_Badu

かったるい雰囲気漂うネオソウルで人気女性ボーカルのエリカ・バドゥ。奇妙な曲が多いので若干リスク。でも、グルーヴが気持ち良いので、もしかしたらウケが良いかも。

6.Sigur Ros

sigurros

美しい曲が多く、あまり会話の邪魔にもならない。ただし、「なにこの宗教歌?」と言われる可能性もある。

■まとめ

意外と気を使うドライブのBGM。まあ、ヘヴィすぎる音楽とか、拍子が変わりすぎる音楽でなければそれほど神経質になる必要もありませんが、BGMも雰囲気を作ってくれる一つの要素。BGMによって会話が弾んだりとかもあるかもしれません。もしよければ、本記事で紹介したミュージシャンをドライブのBGMとして使ってみてください!

 - コラム

  関連記事

no image
いまさらだけど、SEKAI NO OWARIって凄い

いまさらだけど、SEKAI NO OWARIって凄い。そんなことを最近思っている …

レインボーカラーのピック
PICKBOYでオリジナルのカスタムメイドピックを作ろう!!

先日ジョン・メイヤーがPICKBOYのカスタムメイドピックを使っているという記事 …

taylorswift
【失恋】Taylor SwiftとMaroon5にみる男女の違い

■『共感』がポイント 売れるポップミュージックのポイント。それは、『共感』を得る …

John_Entwisle
リードベーシスト特集

攻めのスタイル、リードベーススタイル! バンドの重心を支えるベースですが、一般的 …

Stanley_Jordan
タッピングが上手いギタリスト特集

スティーヴ・ハケットが始めてエディー・ヴァン・ヘイレンが広めたと言われるタッピン …

Pink Floyd, Earls Court, 1973
【まとめ】プログレインストおすすめ曲

プログレバンドは他のジャンルで活動しているバンドと比べるとインストゥルメンタルの …

Stanley_Clarke_on_tour_in_rgw_Netherlands
スタンリー・クラーク特集「スーパープレイが聞ける作品7選」

速弾き・スラップ・コード弾きなど、前面に出てくるベーススタイルが特徴のスタンリー …

no image
数多くカバーされたBurnを集めてみた

Burnといえばイギリスのロックバンドであるディープ・パープルが1974年に発表 …

no image
スラップが上手いベーシスト10選

ベースといえばスラップ。スラップとは、基本的には裏でバンドを支える、縁の下の力持 …

no image
スキンヘッドのミュージシャンは本当に上手いのか!?調べてみた

音楽界にはある噂がある。それは、スキンヘッドのミュージシャンに下手なやつはいない …