Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Hadrien Feraud(アドリアン・フェロー)「ジャコの再来」

      2017/05/14

センス溢れるフレージング、超人的なテクニック、細かいグルーヴが特徴のフランス人ベーシスト、Hadrien Feraud(アドリアン・フェロー)

無名の状態からジョン・マクラフリンのアルバム「Industrial Zen」で彗星のごとく現れたベーシスト。その後はチック・コリアとの共演、チック・コリアのバンドThe Vigilへの参加、ビレリ・ラグレーンやジャン・リュック・ポンティなど、多くのミュージシャンから声がかかっている。

ジャコ・パストリアスを想起させるようなプレイをしながらも、独自のスタイルを持っているアドリアン・フェローは一躍ベース界のスターとなっております。

 

プレイスタイル

影響

アドリアン・フェローは多くのベーシストと同じくジャコ・パストリアスに強く影響されており、自身でもジャコ・パストリアスからの影響を公言している。実際にジョン・マクラフリンのアルバム「Industrial Zen」では、”For Jaco”という曲でベースを弾いている。

「Industrial Zen」が発売された段階ではまだ無名だったにも関わらず、「ジャコへ捧げる曲」を弾くという大役をジョン・マクラフリンはアドリアン・フェローに任せている。アドリアン・フェローには多大なるプレッシャーがかかったと思われるが、衝撃的な形で若き才能を世に出したいというジョン・マクラフリンの狙いがみられる。そして、その期待にアドリアン・フェローは見事に応えているわけである。

ジャコ・パストリアスに大きく影響を受けているプレイスタイルであるが、その他にもドミニク・ディ・ピアッツァからの影響も色濃く見られる。というか、ドミニクは師匠である。

テクニック

テクニックは超絶的。ベースソロではとんでもない速弾きを行うが、それでいてしっかりとメロディアスなフレーズを弾く。超絶技巧の持ち主ながら、音楽的なプレイをする点は特筆すべきだと思う。

しかも、音粒もはっきりとしており、不鮮明なピッキングはしない。速弾きだとしてもひとつひとつの音を鮮明に弾く。バッキングの際も細かい16分フレーズを正確に弾いている。

また、ドミニク・ディ・ピアッツァ譲りの4フィンガーピッキングもひとつの武器。

フレージング

フレージングについては一言で言うとセンスに溢れている。メロディアスなフレーズも弾くが、ありきたりなメロディアスさではない。言葉では言い表せないが、ひとつひとつのフレーズがとにかくかっこいい。こういうフレーズを弾きたいと思わせるフレーズを弾く。決して弾けないけど

グルーヴ

超絶技巧だけのプレイヤーではないアドリアン・フェロー。グルーヴ感はやはりジャコ・パストリアスの影響を受けているだけあって、ジャコ的なグルーヴ感覚である。

ただし、アドリアン・フェローはジャコと違いフレッテッドベースを使う。そのため、ジャコよりシャープなグルーヴ感覚を持っている。ジャコのグルーヴはもう少し柔らかい。ジャコがR&B的であるのに対し、アドリアン・フェローはもう少しフュージョン寄り。

印象として、アドリアン・フェローのグルーヴ感は全体的に無駄を削ぎ落したソリッドなグルーヴである。非常に洗練されたグルーヴ。

また、ミュートを多用し、グルーヴに強弱をつけるのに上手く役立てている。

サウンド

サウンドもジャコ・パストリアスに影響を受けているが、もっとブリブリした音であり、現代的なのが特徴。

ベースヒーロー

ジャコ・パストリアスに影響を受けているベーシストは星の数程いる。しかし、ジャコ・パストリアスのスタイルを土台に自分なりのアレンジを加えて昇華させているベーシストとなると一気に減る。

だが、アドリアン・フェローはそのようなベーシストである。ジャコからの影響は確かに強く見られる。プレイの随所にジャコからの影響が表れる。しかし、それでもアドリアン・フェローのベースは「アドリアン・フェローっぽい」のである。影響を受けているが、真似をしようとしているわけではないことが、アドリアン・フェローのプレイに表れているのである。アドリアン・フェローはジャコに影響を受けてながらも、あくまで自分自身のスタイルを作り上げているのである。

考えてみれば、ジャコに強い影響を受けながらも、自分らしいスタイルを築き上げているベースヒーローはいる。

リチャード・ボナはジャコに強く影響を受けている。マーカス・ミラーも2年間くらいずっとジャコのようなプレイをしていたと語っていた。しかし、彼ら二人は自分の声を持っている個性的なベーシストである。つまり、強く影響を受けているからといって、オリジナリティを失うことにはつながらないのである。

アドリアン・フェローはおそらく相当深くジャコを研究したと思われるが、常にそれを越えようとしていたと思います。

ベーシストが羨むような、センス溢れるプレイを連発するアドリアン・フェローは間違いなく歴史に残るような名ベーシストになると思います。

2000年代のベースヒーローであるアドリアン・フェローの活躍に今後も期待です。

 - ベーシスト

  関連記事

no image
ジョン・ウェットン(John Wetton)とは

ジョン・ウェットン(John Wetton)とは、キング・クリムゾンやエイジアで …

no image
ウィル・リー(Will Lee)とは

ウィル・リー(Will Lee)とは1952年生まれアメリカ合衆国のセッションベ …

no image
Sting(スティング)

イギリス出身のミュージシャンである、Sting(スティング)。 スチュアート・コ …

no image
Chuck Rainey(チャック・レイニー)「ワンフィンガーピッキング」

ポップス、ソウル、R&Bのセッションベーシストとして大きなな人気をほこる …

no image
Mark King(マーク・キング)「マシンガンスラップ」

機関銃の如き超高速スラップが特徴の、Mark King(マーク・キング)。 イギ …

no image
John Deacon(ジョン・ディーコン)「縁の下の力持ち」

ロックバンドQueenのベーシストである、John Deacon(ジョン・ディー …

no image
John Myung(ジョン・マイアング)「超絶6弦ベーシスト」

ドリーム・シアターの超絶6弦ベーシスト、John Myung(ジョン・マイアング …

no image
Paul McCartney(ポール・マッカートニー)

永遠に語り継がれるであろう音楽史上屈指のミュージシャン、Paul McCartn …

no image
スティーヴ・スワロウ(Steve Swallow)とは

スティーヴ・スワロウ(Steve Swallow)とは、1940年10月4日生ま …

no image
Jaco Pastorius(ジャコ・パストリアス)「ベース界の革命児」

ジャズ・フュージョン界で活躍し、革命的なベースプレイにより後のベーシストに多大な …