Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

ジャック・キャサディ(Jack Casady)とは

   

ジャック・キャサディ

ジャック・キャサディ

ジャック・キャサディ(Jack Casady)とは、1944年4月13日生まれアメリカ合衆国出身のベーシストである。

サイケデリック文化を代表するロックバンドであるジェファーソン・エアプレインやホット・ツナで活躍してきたベーシストであり、その他にもジミ・ヘンドリックス、ガヴァメント・ミュール、ザ・フィッシュ、ジェリー・ガルシアといったミュージシャンと共演している。

日本では知名度が低いですが、その確かな実力、メタリックなサウンド、攻撃的に動きまわるベースプレイには支持者が多い。なんと、あのアンソニー・ジャクソンも、最も影響を受けたミュージシャン三人の内の一人としてジャック・キャサディを挙げているのである。ちなみに残りの二人はオリヴィエ・メシアンとジェームス・ジェマーソン。

ストイックで真面目なベーシストであるアンソニー・ジャクソンが尊敬していると語るベーシスト、ジャック・キャサディ。そんな彼のプレイスタイルを分析。

■プレイスタイル

メタリックなサウンド

ジャック・キャサディのベースプレイで特徴的なのは、メタリックなサウンド。ソリッドで鋭角的であり、それでいて、か細くはない。密度のある鉄の棒のように芯がしっかりサウンドをしているのである。

アンソニー・ジャクソンはジャック・キャサディのサウンドに特に影響を受けていると語っており、アンソニー・ジャクソンがピック弾きとフランジャーを使い始めたのもジャック・キャサディの影響とのことである。今でもアンソニーはピック弾きをすると、ジャック・キャサディの影響がどうしても顔を覗かせるらしく、サウンド面において非常に強烈な影響を与えられたことがわかる。

しかし、興味深いのは、ジャック・キャサディがピック弾きではなく指弾き中心であること。指弾きではあるが、確かにピック弾きのようなタイトで鋭いサウンドなのも事実。おそらくアンソニー・ジャクソンは、ジャック・キャサディのサウンドを再現するために苦心した結果、ピック弾き+フランジャーという組み合わせに辿り着いたのだと思います。

サウンドに強いこだわりを持つ、ジャック・キャサディの極上トーンは是非味わってみてください。

グルーヴ・フレージング

縦のノリが強いグルーヴ感。そして、矛盾するようだが、腰高で重厚なグルーヴ感を持っている。重く深くねっとりするようなグルーヴではなく、ちょっと腰高め。しかし、その腰高めのままに、タイトで一音一音に厚みを持たせてしっかりとグルーヴ感は出していく。メタリックなサウンドとも相性の良いグルーヴで、疾走感もある。

フレージングについては動きまわるタイプだが、コードとのつながりは意識しており、無駄にオカズを入れまくるタイプではない。アドリブプレイも得意。コードを上手くつなげていくフレージングのため、グルーヴとあいまって疾走感が増す。そして全体的に攻撃的。

■まとめ

こだわりぬいたサウンドはもちろん、そのサウンドと相性の良いグルーヴ感・フレージング。ジャック・キャサディのベースプレイには、彼が思い描くビジョンがしっかりと反映されている。彼のベースプレイは鋭く、攻撃的で疾走感があるのだが、それはサウンド・グルーヴ・フレージングによって生み出されている。

日本での知名度が低いのは残念ですが、ジェームス・ジェマーソンやホット・ツナを聞いて、彼のプレイに触れてもらいたいですね。

 - ベーシスト , ,

  関連記事

no image
John Deacon(ジョン・ディーコン)「縁の下の力持ち」

ロックバンドQueenのベーシストである、John Deacon(ジョン・ディー …

no image
Rocco Prestia(ロッコ・プレスティア)「驚異の16分音符」

16分音符のプレイスタイルが特徴的なTower of Powerのベーシスト、R …

no image
Alain Caron(アラン・キャロン)「カナダ出身ハイテクベーシスト」

カナダ出身のハイテクベーシストである、Alain Caron(アラン・キャロン) …

no image
ウィル・リー(Will Lee)とは

ウィル・リー(Will Lee)とは1952年生まれアメリカ合衆国のセッションベ …

no image
Hadrien Feraud(アドリアン・フェロー)「ジャコの再来」

センス溢れるフレージング、超人的なテクニック、細かいグルーヴが特徴のフランス人ベ …

クリス・ミン・ドーキー(Chris Minh Doky)とは

クリス・ミン・ドーキー(Chris Minh Doky)とは1969年生まれのベ …

no image
Stuart Hamm(スチュアート・ハム)「テクニックの宝庫」

セッションベーシストとして数多くのレコーディングやライブに参加している、Stua …

no image
Mark King(マーク・キング)「マシンガンスラップ」

機関銃の如き超高速スラップが特徴の、Mark King(マーク・キング)。 イギ …

no image
Pino Palladino(ピノ・パラディーノ)「グルーヴマスター」

ポップス、R&Bを主なる活動の場としながら、ロック、フュージョン、ネオソ …

no image
トニー・グレイ(Tony Grey)とは

トニー・グレイ(Tony Grey)とは上原ひろみのバンドで活躍したことで知られ …