Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

ジャズ・フュージョン界のピック弾きベーシスト3選

   

ジャズ・フュージョン界におけるピック弾きベーシスト

ロック界では一般的なピック弾きベーシストだが、ジャズ・フュージョン界ではピック弾きベーシストが極端に少ない。

そもそもベースの弦はギターより太く、ピック弾きよりは指弾きの方が柔軟な演奏がしやすい特徴がある。ベースでは必ず使うレイキングの技術も指弾きならではだし、スラップへの移行も指弾きの方がしやすい。また、指弾きの方が温かみのあるサウンドになりやすいので、鋭角的なサウンドが求められないジャンルではサウンド的にも指弾きが向いている。

そして、元々ジャズはウッドベースで演奏するものであるが、まずウッドベースにおいてピック弾きという選択肢が皆無なのである。ジャズとロックを融合したフュージョンも、ジャズ側の人間からロックに歩み寄ったパターンが多い。つまり、基礎はジャズなのである。となると、フュージョンでもピック弾きベーシストが少なくなるのは必然である。

一方で、それほど複雑なフレージングを弾く必要がなく、エイトビートでタテのノリを強く出すことが好ましいロックというジャンルであれば、ピックで演奏するメリットは大きい。

ピック弾きと指弾き、どちらが上ということはないが、音楽によって向き不向きはやはりあります。そして、ジャズ・フュージョンというジャンルについていえば、一般論としてピックによる演奏は向いていない。

しかし、そんなジャズ・フュージョンのジャンルでも、数は少ないですがピック弾きベーシストがいます。本記事では、ジャズ・フュージョン界でピック弾きをする魅力溢れるベーシストを紹介します。

スティーヴ・スワロウ

ジャズ界のピック弾きベーシストといえばこの人、スティーヴ・スワロウ。ゲイリー・バートン、パット・メセニー、ジョン・スコフィールドと共演していることで知られています。ピック弾きなのに、音はウォームであり、木の温もりが感じられるようなウッドベースのようである。しかし、ウッドベースと比べると、音がもう少し軽やかである。

ベース・ソロも意外と積極的に弾くプレイヤーです。高音域で演奏すると、ピック弾きのシャープなサウンドが顔を覗かせる。

美しいサウンドで聞くものの心も浄化するような、澄んだサウンドは必聴。

キャロル・ケイ

ポップス・ジャズ界で活躍する女性ピック弾きベーシスト、キャロル・ケイ。スティーヴ・スワロウと比較すると、サウンドが鋭角的でありピック弾きらしいサウンドである。とはいっても、あくまでスティーヴ・スワロウと比較してのことで、通常のピック弾きベーシストと比べると、音は丸っこく優しい。

メロディアスなフレージングが得意であり、コード間をキレイに橋渡しする。

アンソニー・ジャクソン

ジャズ・フュージョン・ポップス・ロックまで、全ジャンルに対応する大人気セッションベーシストのアンソニー・ジャクソン。上の二人と異なり指弾きがメインであるが、ピック弾きの比率も高い。ちなみにピック弾きを始めたのは、ジャック・キャサディの音を再現するためとのこと。

ピックの利点を最大限活かしたソリッドなサウンドが特徴。フュージョン・ポップスのジャンルでピック弾きを演奏することが多い。アル・ディ・メオラリー・リトナーのアルバムではピック弾きを多用している。

■まとめ

三人ともベーシストとして一流のプレイヤーであり、また個性的でもある。ジャズ・フュージョン界ではあまり選択されないピック弾きという奏法、だからこそ新鮮な響きでもある。

 - コラム , ,

  関連記事

no image
ビリー・シーンのベースプレイが狂ってる曲5選

ビリー・シーンといえば爆音ベースに、超絶フィル、タッピング、ハーモニクス、それで …

no image
1960年代結成プログレバンドのギタリスト4人

1960年代後半に現れたジャンルであるプログレッシブ・ロック。複雑な変拍子、ポリ …

no image
スキンヘッドのミュージシャンは本当に上手いのか!?調べてみた

音楽界にはある噂がある。それは、スキンヘッドのミュージシャンに下手なやつはいない …

no image
アンソニー・ジャクソン特集「スーパープレイが聞ける作品10選」

セッションベーシストとして屈指の実力をほこるアンソニー・ジャクソン。ジャズ・フュ …

John_McLaughlin
第二弾:テクニカルギタリスト5選

テクニカルなギタープレイというのはなんとも魅力的である。スウィープ、タッピング、 …

no image
トリオバンド特集

ロックバンドを組むのに必要なパートはボーカル、ギター、ベース、ドラムです。一人一 …

レインボーカラーのピック
PICKBOYでオリジナルのカスタムメイドピックを作ろう!!

先日ジョン・メイヤーがPICKBOYのカスタムメイドピックを使っているという記事 …

John_Petrucci_-_01
第一弾:テクニカルギタリスト5選

バンドの花形ポジションでもあるギタリスト。特にHR/HM全盛期の頃はボーカリスト …

Stanley_Jordan
タッピングが上手いギタリスト特集

スティーヴ・ハケットが始めてエディー・ヴァン・ヘイレンが広めたと言われるタッピン …

no image
スラップが上手いベーシスト10選

ベースといえばスラップ。スラップとは、基本的には裏でバンドを支える、縁の下の力持 …