Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Jimmy Johnson(ジミー・ジョンソン)「メロディアスなソロが特徴」

      2015/01/29

アレンビックベースがトレードマークのセッションベーシスト、Jimmy Johnson(ジミー・ジョンソン)

アラン・ホールズワースリー・リトナー、アール・クルーなどのミュージシャンとの共演歴があり、その他フュージョン・プログレ色の強いミュージシャンをサポートすることが多いです。

アレンビック製の5弦ベースがトレードマークである。ちなみにアレンビックベースといえば、スタンリー・クラークが使用していることで有名です。

滑らかなプレイを好み、フレーズの入りに微妙なスライドでニュアンスをつけることが多い。バッキングの際にも強烈にグルーヴしていくというよりは、細かなニュアンスで滑らかなベースラインを作っていくことが多い。サウンドもグルーヴも丸みを帯びていて刺がなく、穏やかに波打っている海のような感覚。

ベースプレイで前に出て行って主張していくわけでもないが、かといって後ろでじっくり支えるタイプでもなく、どこか浮遊感のあるベースプレイをする印象。

また、ベースソロがメロディアスであることが特徴。ただでさえ浮遊感のあるベースプレイに、高音でソロを弾くとなんとも不思議な幻惑的な空間が広がる。

ベースソロについては相当個性的なプレイヤーである。ものすごいテクニカルなわけではないが、とにかく一貫してメロディアスであり、また、同じようなフレーズを何度も弾くことはしない。

浮遊感のあるベースプレイはハマると何度も聞きたくなります。

 - ベーシスト

  関連記事

no image
マルコ・メンドーサ(Marco Mendoza)とは

マルコ・メンドーサ(Marco Mendoza)とはロック界で活躍するベーシスト …

no image
Kai Eckhardt(カイ・エクハルト)

東洋的な響き・グルーヴが特徴のベーシスト、Kai Eckhardt(カイ・エクハ …

no image
Victor Wooten(ヴィクター・ウッテン)「大道芸人」

ベース界の大道芸人、Victor Wooten(ヴィクター・ウッテン)。 主にジ …

no image
ウィリー・ウィークス(Willie Weeks)とは

ウィリー・ウィークス(Willie Weeks)とはセッション界で活躍するベーシ …

no image
Abraham Laboriel(エイブラハム・ラボリエル)「強烈なアクの強さ」

あらゆるジャンルで活躍しているセッションベーシストである、Abraham Lab …

no image
Percy Jones(パーシー・ジョーンズ)「変態フレットレス」

変態的なフレットレスベーシスト、Percy Jones(パーシー・ジョーンズ)。 …

no image
ジョン・ウェットン(John Wetton)とは

ジョン・ウェットン(John Wetton)とは、キング・クリムゾンやエイジアで …

no image
青木智仁(あおきともひと)とは

青木智仁(あおきともひと)とは、日本のセッションシーンで活躍したベーシストであり …

no image
Mark King(マーク・キング)「マシンガンスラップ」

機関銃の如き超高速スラップが特徴の、Mark King(マーク・キング)。 イギ …

no image
John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)

レッド・ツェッペリンのベーシストである、John Paul Jones(ジョン・ …