Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Jimmy Johnson(ジミー・ジョンソン)「メロディアスなソロが特徴」

      2015/01/29

アレンビックベースがトレードマークのセッションベーシスト、Jimmy Johnson(ジミー・ジョンソン)

アラン・ホールズワースリー・リトナー、アール・クルーなどのミュージシャンとの共演歴があり、その他フュージョン・プログレ色の強いミュージシャンをサポートすることが多いです。

アレンビック製の5弦ベースがトレードマークである。ちなみにアレンビックベースといえば、スタンリー・クラークが使用していることで有名です。

滑らかなプレイを好み、フレーズの入りに微妙なスライドでニュアンスをつけることが多い。バッキングの際にも強烈にグルーヴしていくというよりは、細かなニュアンスで滑らかなベースラインを作っていくことが多い。サウンドもグルーヴも丸みを帯びていて刺がなく、穏やかに波打っている海のような感覚。

ベースプレイで前に出て行って主張していくわけでもないが、かといって後ろでじっくり支えるタイプでもなく、どこか浮遊感のあるベースプレイをする印象。

また、ベースソロがメロディアスであることが特徴。ただでさえ浮遊感のあるベースプレイに、高音でソロを弾くとなんとも不思議な幻惑的な空間が広がる。

ベースソロについては相当個性的なプレイヤーである。ものすごいテクニカルなわけではないが、とにかく一貫してメロディアスであり、また、同じようなフレーズを何度も弾くことはしない。

浮遊感のあるベースプレイはハマると何度も聞きたくなります。

 - ベーシスト

  関連記事

no image
Tim Bogert(ティム・ボガート)「荒くれベーシスト」

荒々しいリードベーススタイルで人気の、Tim Bogert(ティム・ボガート)。 …

キャロル・ケイ
キャロル・ケイ(Carol Kaye)とは

キャロル・ケイ(Carol Kaye)とは1935年アメリカ合衆国出身のベーシス …

no image
Abraham Laboriel(エイブラハム・ラボリエル)「強烈なアクの強さ」

あらゆるジャンルで活躍しているセッションベーシストである、Abraham Lab …

no image
Flea(フリー)「ファンキー・パンキッシュかつメロディアスなベーシスト」

カリスマ的人気をほこるレッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、Flea(フ …

no image
Rocco Prestia(ロッコ・プレスティア)「驚異の16分音符」

16分音符のプレイスタイルが特徴的なTower of Powerのベーシスト、R …

no image
Marcus Miller(マーカス・ミラー)「ドンシャリスラップ」

ドンシャリサウンドによるスラッププレイが特徴のベーシスト、Marcus Mill …

no image
Chuck Rainey(チャック・レイニー)「ワンフィンガーピッキング」

ポップス、ソウル、R&Bのセッションベーシストとして大きなな人気をほこる …

no image
スティーヴ・スワロウ(Steve Swallow)とは

スティーヴ・スワロウ(Steve Swallow)とは、1940年10月4日生ま …

no image
グレッグ・レイク(Greg Lake)とは

グレッグ・レイク(Greg Lake)とはイギリス出身のボーカリスト、ベーシスト …

no image
Alain Caron(アラン・キャロン)「カナダ出身ハイテクベーシスト」

カナダ出身のハイテクベーシストである、Alain Caron(アラン・キャロン) …