Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

John Entwistle(ジョン・エントウィッスル)「Mr.Thunderfinger」

      2017/05/14

Mr.Thunderfingerと呼ばれたThe Whoのベーシスト、John Entwistle(ジョン・エントウィッスル)

ベーシストの一般的なイメージとしては「地味」。主役のボーカルや目立ちたがりのギター、叩いている姿がかっこいいドラマーと違い、ベーシストはステージの隅っこで存在感がないことが多い。

そしてThe Whoといえば、マイク回しのパフォーマンスで目立つロジャー・ダルトリー、風車パフォーマンスで目立つピート・タウンゼント、狂人のキース・ムーンという普通のバンドと比較しても全員が目立ちまくるバンド。そう、ジョン・エントウィッスル以外は

暴れまわる3人をよそに、一歩も動かずに淡々とベースを弾くジョン・エントウィッスルの存在感は一見皆無。

しかし、音を聞くと途端にその印象が逆転する。そう、ジョン・エントウィッスルの音はバンドの中で一番目立つ

 

リードベーシスト

The Whoが活動していた時期には、ベースラインを動き回して曲を引っ張るタイプのリードベーシストが何人もいた。その中でもジャック・ブルース、ティム・ボガート、ジョン・エントウィッスルは特に有名かと思います。

ビリー・シーンによって行くところまで行き着いたリードベースタイプですが、その元祖とも呼べるのがジョン・エントウィッスル等この時期のリードベーシストなのです。

ジョン・エントウィッスルのベースは一言で言うと「やかましい」。ステージ上では物静かに涼しい顔で弾いているくせに、出している音について言えばデカイし、とにかく動き回る。ライブ映像ではほとんど映らないのに、音だけは一番耳に入ってきます

だが、それがいい

音は歪みまくって、まるでギターのようである。それでいて図太い。その音を爆音で鳴らすことからも、ジョン・エントウィッスルがベーシストとして我が強いことがわかる。

リードベーシストにもいろいろなタイプがいます。曲中ずっと動いているタイプや、随所にとんでもないフィルを入れるタイプ等様々ですが、ジョン・エントウィッスルは曲中常に動き回るタイプであります。

特に動きまわる曲として注目したいのが「The Real Me」。ネックを縦横無尽に駆け回っており、完全にベースが主役となっている曲。しかし、もしこのベースをジョン・エントウィッスルが弾いていなかったら、この曲が持つ特有の緊張感はなくなっていたと思います。ジョン・エントウィッスルがいるからこそ、曲にスピード感・緊張感が出る。

音の数の多さ、音の動きまわり方はリードベーシストの中でも派手なジョン・エントウィッスルは今聞いてもとてもスリリングなベースプレイヤーです。

ベースソロも弾くことがあり、特に「My Generation」のベースソロは有名です。また、ライブ中にはジョン・エントウィッスルのベースソロタイムが用意されることもあります。2フィンガーピッキングで洪水の如く音が溢れ出てくる様はかっこいい。そして、主にベースソロ時に使うタッピングテクニックもその際には披露してくれます。

個性的なベーシストが多かった時期に、リードベーシストとして思いっきり主張しまくったベーススタイルを聞かせたジョン・エントウィッスル。今でもロックベーシストに影響を与え続けているベーシストです。

 - ベーシスト ,

  関連記事

no image
ヴァーダイン・ホワイト(Verdine White)とは

ヴァーダイン・ホワイト(Verdine White)とは、陽気なパーティー野郎が …

no image
Marcus Miller(マーカス・ミラー)「ドンシャリスラップ」

ドンシャリサウンドによるスラッププレイが特徴のベーシスト、Marcus Mill …

no image
Jimmy Johnson(ジミー・ジョンソン)「メロディアスなソロが特徴」

アレンビックベースがトレードマークのセッションベーシスト、Jimmy Johns …

no image
John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)

レッド・ツェッペリンのベーシストである、John Paul Jones(ジョン・ …

no image
Anthony Jackson(アンソニー・ジャクソン)「全ジャンル対応セッションベーシスト」

数多くのミュージシャンの作品に参加している、全ジャンル対応スーパーセッションベー …

フィル・レッシュ
フィル・レッシュ(Phil Lesh)とは

フィル・レッシュ(Phil Lesh)とは1940年生まれのアメリカ出身ベーシス …

no image
Stuart Hamm(スチュアート・ハム)「テクニックの宝庫」

セッションベーシストとして数多くのレコーディングやライブに参加している、Stua …

no image
Billy Sheehan(ビリー・シーン)「超絶ロックベーシスト」

Mr.Bigのベーシストとして名を馳せた、Billy Sheehan(ビリー・シ …

no image
Rocco Prestia(ロッコ・プレスティア)「驚異の16分音符」

16分音符のプレイスタイルが特徴的なTower of Powerのベーシスト、R …

no image
John Myung(ジョン・マイアング)「超絶6弦ベーシスト」

ドリーム・シアターの超絶6弦ベーシスト、John Myung(ジョン・マイアング …