Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

ジョン・メイヤーも愛用するPICKBOY。日本製ピックの魅力!!

   

有名なPICKBOY。でもどこが作っているの?

PICKBOYといえば、バンドマンなら誰もが知る、超有名なピックのブランド。

PICKBOYはピック以外にも、カポやブリッジピン等、様々なギター周辺アクセサリーがあるため、ギタリストであれば一度はお世話になったことがあるだろう。しかし、これほど認知度の高いPICKBOYですが、作っている会社についてはあまり知られていない。

そもそも海外の会社なのか、日本の会社なのかも知らない人が多いのではないだろうか?実はかくいう私もその一人で、ずっとPICKBOYというのは海外のピックブランドだと思っていました。パッケージも海外っぽいですし。

だが、なんとPICKBOYというのは実は日本の会社が作る、日本製のブランドだったのです!!

歴史ある浅草橋の会社、ナカノ

PICKBOYを作っている会社。それは、なんと浅草橋駅にある創業1967年の、歴史ある株式会社ナカノという会社だったのです。

しかも、ホームページを見ると、ピックだけではなく、その他にも音楽に関する商品を数多く扱っていました。ギターアクセサリーはもちろん、パーカッション、知育楽器、さらにはなんと指揮棒まで!!その商品の幅の広さにはびっくりです。

さすが老舗の会社だけありますね。各商品を見てみると、どれも高品質で、非常にこだわりをもって作られていることがわかります。

PICKBOYといえば、それぞれのミュージシャンの好みに応じた、様々な材質・様々な形状のピックが用意されていることで、根強いファンがいるブランド。それが実は日本の会社が作っているという事実には、ただただ驚きです。

ジョン・メイヤーも愛用している

PICKBOYのピックは日本だけでなく、世界中のミュージシャンに使用されています。そしてなんと、あのジョン・メイヤーも愛用していることを、つい最近知ったのです。

ジョン・メイヤーのInstagramを見ていると、出てきたのがこの画像。

さすがはジョン・メイヤー、5万2千いいね!、1,135コメントを集めています。私生活は乱れていますが、さすがは現代の三大ギタリストの一人です。

そして、ピックの表面に刻まれた「PICKBOY」の文字。ジョン・メイヤーのカスタムメイドピックですね。虹色のデザインがあまりにカッコ良い。指弾きベーシストの私ですが、このピックを使うためだけに、ピック弾きになろうかと一瞬考えたくらいです。

調べてみると、ナカノさんは一般にもオーダーメイドのピック制作を受けているみたいですね。

灯台下暗しとはこのことです。世界中で愛されるピックメーカーが実は日本製。楽器とかは海外製を思わずかっこ良いと感じてしまいますが、素晴らしい日本製品もこのようにあるのです。

トモ藤田さんもPICKBOYなのか。。。

さらに調べてみたところ、トモ藤田さんもPICKBOYを愛用していることが発覚

トモさんといえば、バークリー音楽学校の講師であり、ミュージシャンの間では有名なミュージシャンズミュージシャン。バークリー音楽学校に通っていた時期、ジョン・メイヤーも師事していたほどのギタリストです。

ピックというのは、ギターの弦を直接弾く道具。当然、ギターのトーンに与える影響は非常に大きい。だからこそ、トップミュージシャンはピックには強いこだわりを持つものです。

安心のクオリティを持つPICKBOYが愛用されるのは、当然といえば当然のことなのかもしれない。

今再び、日本製ピックのPICKBOY

現在ミュージシャンの皆さんも、これから楽器を始めようと思っている皆さんも、日本製のピックであるPICKBOYに注目してみてはどうでしょうか。

創業1967年という、確かな実績が、高品質の証明です。

 - ニュース

  関連記事

no image
2015年4月の人気記事TOP10

2015年4月度は前月度と比較してページビュー数は増えましたが、更新が滞ったせい …

no image
2015年11月の人気記事TOP10

2015年11月度の当サイト人気記事ランキングを紹介します。10月は及川光博の記 …

no image
2015年3月の人気記事TOP10

2015年3月度はおかげさまで2月度と比べて大体1.5倍程度閲覧数が伸びました。 …

no image
2014年12月の人気記事TOP10

10・11月に引き続き2014年12月の人気記事を紹介します。当初はギタリスト中 …

no image
2015年1月の人気記事TOP10

ベーシストの記事が多くなってきたためか、ベーシストの記事がよく読まれている印象。 …

キース・エマーソン
キース・エマーソンを弔う。71歳で死去。

キース・エマーソン死去 エマーソン・レイク・アンド・パーマーのキーボーディストと …

no image
2015年6月の人気記事TOP10

■6月を振り返って 2015年6月月の人気記事をご紹介する前に、振り返りを。 6 …

no image
2016年2月の人気記事TOP10

時が過ぎるのは早いもので、あっとう言う間に今年も3ヶ月が過ぎました。先月は私的な …

no image
2014年10月の人気記事TOP10

2014年10月より開始したこのウェブサイトですが、せっかくなのでどの記事が人気 …

no image
我らが永遠の殿下、プリンス死去。忘れてほしくない、彼のギタリストとしての実力。

プリンス死去 このブログは、時たま急激にアクセス数が伸びることがあります。サイト …