Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

John Myung(ジョン・マイアング)「超絶6弦ベーシスト」

      2017/05/14

ドリーム・シアターの超絶6弦ベーシスト、John Myung(ジョン・マイアング)

超難度の楽曲が多数を占めるドリーム・シアター、当然高い技術を持っていないとそのメンバーは務まりません。もちろん、そんなバンドのベーシストであるジョン・マイアングの技術は非常に高い。

ちなみに、オリジナルメンバーである。

ベーシストというのは楽器の性質上、ライブ中は他のメンバーの影に隠れて裏で黙々と演奏をする方が多い。ジョン・マイアングもご多分に漏れずそのようなベーシストであり、正直目立たない

でも、オリジナルメンバーです

とはいえ、ベーシストとしての技術はトップレベルである上に、少ないながらもライブ中に見せ場もある。ライブ中はほとんど目立たないだけに、その見せ場がくると「待ってました!」とばかりに観客の盛り上がりは最高潮に達する。

プレイスタイル

変拍子と超絶ユニゾンが入り乱れるドリーム・シアター。変拍子に対応できる確かなリズム感、超絶ユニゾンに対応できるテクニックの両方を持ち併せている必要があります。ジョン・マイアングはその両方を持ち併せており、技術的に難度が高いドリーム・シアターの曲を軽々と弾きます。

このように、超難度の曲を弾くことができるベーシストとしての技術がジョン・マイアング最大の特徴と言えます。

楽曲展開が複雑・変拍子まみれ・超絶ユニゾンまみれのドリーム・シアターにおいて、ミスせずに堅実に低音を支えるジョン・マイアングの存在は必須。彼がいるからこそ、他のメンバーは安心してプレイができるのだと思います。

奏法

奏法は3フィンガーピッキングが中心であります。テンポの早い超絶ユニゾンに効率よく対応するには3フィンガーピッキングが適しているという結論に達したのかもしれません。

その他にも「As I Am」で聞かれるようなハーモニクスプレイも行う。

また、両手タッピングの技術も一流です。ドリーム・シアターの曲の中では「Metropolis pt.1」で両手タッピングを用いたベースソロを披露しています。ちなみに、ドリーム・シアターのライブでこのベースソロが弾かれると大歓声が起きます。

サウンド

サウンドは歪ませている。ギターの低音が重厚に出ているドリーム・シアターでは、ジョン・マイアングのサウンドは中々抜けにくいですが、そもそも音楽性的にはベースは低音に厚みを出すのが役割なので、音が抜けている必要もそれほどない。でも、音が抜けないためにどうしても目立たない

ベースソロ

ジョン・マイアングは 超速速弾きによるベースソロも得意としている。

「Dance of Eternity」のベースソロは特に音数の嵐で、これでもかという程に速弾きをしている。

 

技術水準はロック界のベーシストの中でもトップクラス。控えめな性格のためか、あまり前面には出てこないがドリーム・シアターの屋台骨を支える超絶ベーシストなのです。

 - ベーシスト ,

  関連記事

no image
Jaco Pastorius(ジャコ・パストリアス)「ベース界の革命児」

ジャズ・フュージョン界で活躍し、革命的なベースプレイにより後のベーシストに多大な …

no image
Victor Wooten(ヴィクター・ウッテン)「大道芸人」

ベース界の大道芸人、Victor Wooten(ヴィクター・ウッテン)。 主にジ …

no image
スティーヴ・スワロウ(Steve Swallow)とは

スティーヴ・スワロウ(Steve Swallow)とは、1940年10月4日生ま …

no image
Paul McCartney(ポール・マッカートニー)

永遠に語り継がれるであろう音楽史上屈指のミュージシャン、Paul McCartn …

no image
ヴァーダイン・ホワイト(Verdine White)とは

ヴァーダイン・ホワイト(Verdine White)とは、陽気なパーティー野郎が …

no image
Flea(フリー)「ファンキー・パンキッシュかつメロディアスなベーシスト」

カリスマ的人気をほこるレッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、Flea(フ …

no image
Les Claypool(レス・クレイプール)「変態ベーシスト」

変態ベーシストとしてその独特なプレイが人気である、Les Claypool(レス …

マイク・ラザフォード(Mike Rutherford)とは

マイク・ラザフォード(Mike Rutherford)とは、1950年10月2日 …

no image
Hadrien Feraud(アドリアン・フェロー)「ジャコの再来」

センス溢れるフレージング、超人的なテクニック、細かいグルーヴが特徴のフランス人ベ …

no image
John Entwistle(ジョン・エントウィッスル)「Mr.Thunderfinger」

Mr.Thunderfingerと呼ばれたThe Whoのベーシスト、John …