Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

マルコ・メンドーサ(Marco Mendoza)とは

      2015/02/25

マルコ・メンドーサ(Marco Mendoza)とはロック界で活躍するベーシストである。

ジョン・サイクスのブルー・マーダー、ホワイト・スネイク、ソウルサーカス、テッド・ニュージェント、デレク・シュリニアン、ジョージ・リンチのリンチ・モブ、リッチー・コッツェンといったミュージシャンと共演している。

プレイスタイル

ロック界で活動するベーシストであるが、実はファンクやフュージョン的なプレイが得意。ロック界といえばビリー・シーンスチュアート・ハムが目立っているが、マルコ・メンドーサは隠れた名手といった立ち位置である。デイヴ・ラルー的なポジションです。ちなみに歌も上手いのでコーラスでも活躍する。

ロックバンドではあまり目立ったプレイはせず、裏方に徹するプレイをするマルコ・メンドーサ。ビリー・シーンと違って歪んだ音でもないので、ロックというジャンルではあまり主張することもできないのでしょう。

ただし、自身のバンドで活動する際には全くの別人となる。コードブラッシングをしながらボーカルでポリリズムをしだす。ジョン・マクラフリンのバンドにでも入りたいのだろうか?

ロックっぽくないクリーンな音でフュージョン的なベースラインを弾くマルコ・メンドーサを見ると、この人は本当にロック畑で活躍している人なのだろうか?と不思議になる。

また、ジャコ・パストリアスの”Teen Town”をスキャットでユニゾンでしながら弾くのも彼のパフォーマンスとして有名である。あの難しい運指を難なく弾くプレイを見れば、只者でないことがわかるだろう。

ロック界で主に活躍するマルコ・メンドーサですが、ファンク・フュージョンも相当やり込んでいるのがわかるベースプレイである。テクニックも相当ありますし、正統派に上手い。ロック界ではその実力を見せる場面があまりないのは残念ですが、Youtubeには結構転がっているので、気になる方は是非見てみて下さい。

 

 - ベーシスト ,

  関連記事

no image
Billy Sheehan(ビリー・シーン)「超絶ロックベーシスト」

Mr.Bigのベーシストとして名を馳せた、Billy Sheehan(ビリー・シ …

no image
Tim Bogert(ティム・ボガート)「荒くれベーシスト」

荒々しいリードベーススタイルで人気の、Tim Bogert(ティム・ボガート)。 …

no image
John Patitucci(ジョン・パティトゥッチ)

美しいベースソロを弾くウッドベース・エレクトリックベースの両刀使い、John P …

no image
Dave LaRue(デイヴ・ラルー)「ロック界の隠れた名手」

ロック界の隠れた名手、Dave LaRue(デイヴ・ラルー)。 ドリーム・シアタ …

no image
グレッグ・レイク(Greg Lake)とは

グレッグ・レイク(Greg Lake)とはイギリス出身のボーカリスト、ベーシスト …

no image
ウィリー・ウィークス(Willie Weeks)とは

ウィリー・ウィークス(Willie Weeks)とはセッション界で活躍するベーシ …

no image
Victor Bailey(ヴィクター・ベイリー)「楽しいベーシスト」

ウェザリポートのベーシストとしても有名なジャズ・フュージョン界で活躍する、Vic …

no image
John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)

レッド・ツェッペリンのベーシストである、John Paul Jones(ジョン・ …

no image
Stuart Hamm(スチュアート・ハム)「テクニックの宝庫」

セッションベーシストとして数多くのレコーディングやライブに参加している、Stua …

キャロル・ケイ
キャロル・ケイ(Carol Kaye)とは

キャロル・ケイ(Carol Kaye)とは1935年アメリカ合衆国出身のベーシス …