Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

かっこいいロックベースソロ5選

      2015/06/05

ロックにおいてベースは低音を支える上で大きな役割を担っており、あまり自由に動きすぎるとアンサンブルが崩れかねない。そのため、ロック界ではベースソロが珍しい。ギターソロと比べるとロックにおける重要度は決して高くないベースソロ。しかし、稀にしか弾かれないからこそ、ベースソロが含まれている曲というのは得も言われぬ魅力があるのである。そんな魅力に溢れるロックベースソロがかっこいい曲を5つピックアップしました。

“My Generation”(ジョン・エントウィッスル) – The Who『My Generation』,1965

元祖リードベーシストのジョン・エントウィッスル。爆音でベースを歪ませて、歌メロの後ろで動きまくるベースプレイが特徴のベーシスト。そんなジョン・エントウィッスルのベースソロが聞けることで有名な”My Generation”。

ボーカルとの掛け合いソロですが、こういった形でのベースソロはその後のロック界においてもよく使われている。短いフレーズに自分の実力の全てを詰め込んで披露するようなベースソロは、ベーシストであれば一度はやってみたいのでは?
Amazonで曲を検索
iTunesで曲を購入

“Apostrophe (‘)”(ジャック・ブルース) – Frank Zappa『Apostrophe (‘)』,1974

クリームの伝説的ベーシスト、ジャック・ブルース。クリームにおける緊張感溢れる即興演奏は堪らないものであったが、フランク・ザッパの名盤『Apostrophe (‘)』のタイトルトラックでもその実力を存分に見せてくれます。フランク・ザッパ、ジャック・ブルース、ジム・ゴードンとのトリオジャムセッションであるこの曲はスリリングです。

オープニング早々ベースソロに入っていく。ギターと聞き間違う程の歪んだサウンドで1分ほどベースで弾きまくる。ジャムセッションであるため、このメンバー、この瞬間でしか聞けない一回限りのプレイ。ベースソロ後も超爆音で弾きまくる。この三人でしか起こりえない、とてつもない化学反応が聞ける。
Amazonで曲を検索
iTunesで曲を購入

“YYZ”(ゲディ・リー) – Rush『Moving Pictures』,1981

ラッシュの名インストゥルメンタルである”YYZ”。イントロからいきなりギター・ベース・ドラムでのユニゾンがあり、曲に入ってからのベースラインもゲディ・リーらしく音数が多く、ギターソロの時以外は全編渡って存在感を示している。

ベースソロは曲の中盤にニール・パートとの掛け合いとして現れる。ゲディ・リーは掛け合いソロの中でコードプレイ、速弾き、メロディ重視のフレージングと3種のベースソロを聞かせてくれる。

曲自体もインストゥルメンタルなのに非常に聞きやすく、再生時間も5分以下でコンパクトであり、それに加えてベースソロ・ドラムソロ・ギターソロが全て含まれているという盛り沢山の曲である。
Amazonで曲を検索
iTunesで曲を購入

“Addicted To That Rush”(ビリー・シーン) – Mr.Big『MR.BIG』,1989

リードベースの最終進化系であるビリー・シーン。とんでもない速弾き、タッピング、ハーモニクス等、ギターに立ち向かっていくベースプレイが特徴である。

“Addicted To That Rush”では、いきなりタッピングを利用した高速トリルが登場、その後はギターとのタッピングユニゾンを披露。イントロからお腹一杯である。しかし、ビリー・シーンの真骨頂は曲中盤のベースソロで聞ける。ボーカル・ギターとの掛け合いでベースソロを弾くが、ビリー・シーンらしくドライブ感満載の速弾き、そしてハーモニクスプレイ等聞き所満載。

超絶速弾きベーシストとして有名なビリー・シーンですが、Mr.Bigでは(比較的)大人しい。この曲はデビューアルバムに収録されるとあって、バンドの自己紹介的な意味も込めてテクニカルなプレイを存分に含めたのであろう。
Amazonで曲を検索
iTunesで曲を購入

“The Dance of Eternity”(ジョン・マイアング) – Dream Theater『Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory』,1999

ドリーム・シアターの高度な変拍子・ユニゾンに難なく対応する、存在感は空気だが実力は超一流のジョン・マイアング

“The Dance of Eternity”はドリーム・シアターの中でも最高難度の楽曲であり、執拗に変わりまくる拍子、テクニカルなユニゾン、複雑な楽曲構成が特徴である。その全てに対応しているジョン・マイアングのベースプレイは凄まじい。

そして、ベースソロ。曲中盤に元の音像が全くわからなくなるほどベースを歪ませ、一体何を弾いているのか全くわからないほどの速弾きプレイには目が点です。普段はドリーム・シアターのボトムを影で支えるジョン・マイアングですが、稀に見せる目立ちどころはしっかりと自分の実力を披露してくる。
Amazonで曲を検索
iTunesで曲を購入

まとめ

ロックにおいてベースソロはマストではない。曲を盛り上げるためにはギターソロの方が適している。しかし、だからこそベースソロは一流のベーシストに弾かれることが多い。一流のベーシストであれば、ギターソロに負けない素晴らしいソロを弾いてくれるから。

今回紹介した5つのベースソロも全員が超一流のベーシストによって弾かれている。それぞれの個性が爆発しているベースソロを聞いてみてください。

 - コラム

  関連記事

no image
1960年代結成プログレバンドのギタリスト4人

1960年代後半に現れたジャンルであるプログレッシブ・ロック。複雑な変拍子、ポリ …

Rush-in-concert
【ロック編】黄金のリズムセクション10選

名バンドに名リズムセクションあり ロックバンドの土台を下から支える、ベーシストと …

no image
スラップが上手いベーシスト10選

ベースといえばスラップ。スラップとは、基本的には裏でバンドを支える、縁の下の力持 …

no image
BEAT CRUSADERSのライブは楽しかったなぁ(もう散開したけど)

ぼくはあまり日本のバンドのライブを観に行かない。観に行くとしたら海外のミュージシ …

no image
音楽サイト始めて半年経つがアクセス集めるのはやっぱり大変な話

このサイトも運営し始めて半年以上経ち、今月で8ヶ月目に突入しました。自分が好きな …

no image
及川光博がファンに愛されすぎて、すごい

昨日、及川光博のライブがカッコ良すぎて悶絶する話を記事にしたら、アクセス数が一気 …

Pink Floyd, Earls Court, 1973
【まとめ】プログレインストおすすめ曲

プログレバンドは他のジャンルで活動しているバンドと比べるとインストゥルメンタルの …

no image
アンソニー・ジャクソン特集「スーパープレイが聞ける作品10選」

セッションベーシストとして屈指の実力をほこるアンソニー・ジャクソン。ジャズ・フュ …

band
バックバンドに意識置いて音楽を聞くともっと楽しくなる

音楽の聞き方に「これ」というものはないし、それぞれが好きなように、自分が楽しめる …

no image
プログレギターソロ5選

過去には音楽界を席巻していたプログレも現在は残念ながらとっくに下火。今では長い曲 …