Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Ritchie Blackmore(リッチー・ブラックモア)「Deep Purpleのギタリスト」

      2017/05/14

ハードロックギターの基礎を築いたギターヒーロー、Ritchie Blackmore(リッチー・ブラックモア)

最も知られているのはディープ・パープルでの活動だが、ディープ・パープル脱退後も自身がリーダーであるレインボー、ブラックモアズ・ナイトで活動を行う。

ストラトキャスターを主に使用し、ステージ上ではギター破壊などの激しいパフォーマンスを行う、カリスマ的な雰囲気を持つギターヒーローである。

ギタリストとして、演奏面・パフォーマンス面両方で後世に影響を与えており、ハードロック・ヘヴィメタル界での人気は特に高い。ちなみに、あのイングヴェイ・マルムスティーン伯爵が認めている数少ないギタリストであります

 

耳に残るシンプルなリフ

リッチー・ブラックモアは誰しもが聞いた覚えのある名リフを数多く作り上げてきました。シンプルながら耳に残りやすいリフをこれまでに量産してきており、ハードロック界ではリッチー・ブラックモア的なリフはもはや定番となっております。

また、アイディアマンとしての側面もあります。リッチー・ブラックモアのリフには、他のミュージシャンの楽曲からフレーズを引っ張ってリフに使うことがたまにあります。たとえば、Burnのリフはジャズギタリストであるタル・ファーロウの曲の中で登場するフレーズをリフとして使っている。おそらくリッチー・ブラックモアでなければ、リフとして使おうと思わないようなフレーズを再利用する点で、その目の付け所に感服します。

リフが世界的に有名なBurn。タル・ファーロウのフレーズが使われていますが、実際の原曲はもっとジャジーにさりげなく使われています。そのフレーズをロックに転用してハードに弾くとリフトしてかっこいいということに気づいたリッチー・ブラックモアは本当によく音楽を聞いているのだなと感じます。

 

アドリブソロ

また、リッチー・ブラックモアはソロをアドリブで弾くことが多いです。上のBurnでも原曲とは違うソロを即興で弾いています。毎回ライブの演奏が変わるので、聞いている方としても新鮮です。まあ、個人的に原曲そのままで弾いて欲しいけど

 

クラシカル要素の導入

リッチー・ブラックモアのロック界における功績として、クラシカルなフレーズを楽曲に挟むことも挙げられます。クラシカルフレーズが実はロックと相性が良いということを発見したことは、後世に大きな影響を与えております。実際に現在ではHR/HM界でクラシカルな要素を楽曲に混ぜることはよくあること。さすが、イングヴェイ・マルムスティーン伯爵が認めているだけはあります

とはいえ、イングヴェイ・マルムスティーン伯爵曰く、「バッハ以来初めて作曲を行ったのは自分である」とのことですので、リッチー・ブラックモアも作曲は行っていないことになります。そこは認めてないのですね

同型フレーズでソロに起承転結を

他にリッチー・ブラックモアが後のギタリストに影響を与えたのは、ギターソロにおいて同型フレーズを多用するところでしょうか。

印象的なフレーズを何度も繰り返すことにより、ソロの後半などで盛り上がりを演出する方法は、多くのギタリストに影響を与えています。

印象的なリフを作るのも得意ですが、それと同じくらい印象的なソロを作るのもリッチー・ブラックモアの得意とするところです。

リッチー・ブラックモアは鋭い着眼点で、シンプルながら大変効果的な表現を多く見つけ出し、ハードロック・ヘヴィメタル界に大きな影響を残しています。

 - ギタリスト , ,

  関連記事

no image
Mike Stern(マイク・スターン)「売れっ子ジャズギタリスト」

アメリカの人気ジャズギタリスト、Mike Stern(マイク・スターン)。 マイ …

no image
Steve Lukather(スティーヴ・ルカサー)「TOTOの凄腕ギタリスト」

凄腕ミュージシャンが集まって結成されたTOTOのギタリストである、Steve L …

no image
アラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)とは

一般的な知名度は非常に低いながらも、ミュージシャンから多くの尊敬を集める、レガー …

no image
エリック・ジョンソン(Eric Johnson)とは

クリーンサウンドが特徴的なギタリスト、エリック・ジョンソン(Eric Johns …

no image
John Mayer(ジョン・メイヤー)「現代の三大ギタリスト」

三大ギタリストといえばエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ。それ …

no image
Pat Martino(パット・マルティーノ)「マシンガン奏法」

マシンガンの如く16分音符を止めどなく弾きたくる奏法で有名な人気ジャズギタリスト …

no image
John Petrucci(ジョン・ペトルーシ)「プログレメタル界のスターギタリスト」

日本でも人気の高いプログレッシヴ・メタルバンドであるドリーム・シアターのギタリス …

no image
スティーヴ・モーズ(Steve Morse)とは

スティーヴ・モーズ(Steve Morse)とは、ディキシー・ドレッグスやディー …

no image
ジェイムズ・ヘットフィールド(James Hetfield)とは

メタリカのリフマスター、ジェイムズ・ヘットフィールド(James Hetfiel …

no image
Kiko Loureiro(キコ・ルーレイロ)「ブラジルが生んだ超絶ギタリスト」

メロディックスピードメタルバンドであるアングラのツインギターの片割れであるKik …