Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Sting(スティング)

      2017/05/14

イギリス出身のミュージシャンである、Sting(スティング)

スチュアート・コープランド、アンディ・サマーズと共に活動したポリスは世界的に成功しており、そのベーシスト・ボーカリスト・作曲家として、バンドの中心的役割を担っていたのがスティングである。ポリス後もソロで活動しており、もちろん成功している。ポリス時代・ソロ時代共にグラミー賞の受賞歴がある。
楽器の演奏能力はもちろん高いが、作曲能力に関しては世界トップレベル。ポップで耳障りの良いメロディながら、なぜか陰鬱で暗い雰囲気が立ち込める作風は非常に独特。キャッチーなのに暗い気分にさせる曲を書けるのはある意味一種の才能。”Every Breath You Take”は歌詞含めてもはや怖い

Oh, can’t you see
You belong to me

こんなこと勝手に言われても困る。声質も暗いので怖さを助長させる。

怖さはさておき、様々なジャンルの音楽を曲の採り入れており、単なるキャッチーなポップスでは終わらない味付けをする。ポリスもロックにレゲエの要素を加えており、キャッチーなメロディでありながらも、一味違う捻りが加えられていた。その他にもジャジーな要素等も積極的に採り入れており、高い音楽性とポップス性、そして陰鬱さを共存させているのが特徴である。

プレイスタイル

作曲家として高い能力を持つが、ベーシストとしての能力も一流である。作曲家が片手間に弾くベースというレベルではない。ベースを弾くシンガーソングライターにはポール・マッカートニーもいますが、ポール・マッカートニーが”シンガーソングライターっぽい”、メロディセンスを存分に押し出したベースプレイであるのに対し、スティングはもっと”ベーシストっぽい”。ボトムでグルーヴを生み出してバンドを下から支えるようなプレイスタイルであり、職業ベーシストっぽさがある。

ひき算のベースプレイ

スティングのベースプレイの一つの特徴として、ひき算的なプレイであることが挙げられる。彼は音数を最小限に抑えて、隙間を有効に活用するようなプレイが多い。あまり動きまわるようなベースプレイは行わず、グルーヴに合わせてシンプルに弾くことが多い。休符も多用しており、休符もひとつの音符といった具合に活用する。

どちらかというと、どれだけ音を”増やす”かではなく、どれだけ音を”引く”かでベースラインを組み立てるタイプである。そのためスティングの楽曲は隙間が多く、ガランとしているような印象の曲も多々ある。

普通であったら不安になってしまうようなひき算の発想でベースラインを組み立てますが、それを可能としているのは休符の使い方の上手さであろう。スティングは休符もしっかりと”弾く”。そこに音がなくとも、しっかりと休符を感じることが出来る。

まとめ

本格派のベースプレイを行うスティング。グルーヴの感覚に優れており、休符の出し入れが非常に上手い。とりあえず音数を増やしてごまかすようなプレイは一切せずに、男らしく抜くところは抜く。ひき算の発想のベースプレイは大変センスが良く、アンサンブルをごちゃごちゃとさせずに、それでいてしっかりとした土台を築き上げる。

 - ベーシスト ,

  関連記事

no image
John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)

レッド・ツェッペリンのベーシストである、John Paul Jones(ジョン・ …

no image
ゲイリー・ウィリス(Gary Willis)とは

ゲイリー・ウィリス(Gary Willis)とはアメリカ合衆国のベーシストであり …

no image
John Patitucci(ジョン・パティトゥッチ)

美しいベースソロを弾くウッドベース・エレクトリックベースの両刀使い、John P …

no image
Percy Jones(パーシー・ジョーンズ)「変態フレットレス」

変態的なフレットレスベーシスト、Percy Jones(パーシー・ジョーンズ)。 …

no image
John Deacon(ジョン・ディーコン)「縁の下の力持ち」

ロックバンドQueenのベーシストである、John Deacon(ジョン・ディー …

no image
Tony Levin(トニー・レヴィン)「チャップマン・スティック使い」

セッションベーシストとして数多のミュージシャンのレコーディングやライブに参加して …

no image
Dave LaRue(デイヴ・ラルー)「ロック界の隠れた名手」

ロック界の隠れた名手、Dave LaRue(デイヴ・ラルー)。 ドリーム・シアタ …

no image
Jimmy Johnson(ジミー・ジョンソン)「メロディアスなソロが特徴」

アレンビックベースがトレードマークのセッションベーシスト、Jimmy Johns …

no image
Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)「骨太サウンド」

メタル界隈で活動しながらもスラップも得意とする実力派ベーシスト、Robert T …

no image
Stanley Clarke(スタンリー・クラーク)「伝説の両刀ベーシスト」

ジャズ・フュージョン界で活動する伝説的ベーシスト、Stanley Clarke( …