Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

Tony MacAlpine(トニー・マカパイン)「褐色のイングヴェイ」

      2015/01/28

スティーヴ・ヴァイのバックバンド、バニー・ブルネルとデニス・チェンバースとのフュージョンバンドCABで知られるギタリスト、Tony MacAlpine(トニー・マカパイン)

幼少の頃よりピアノを弾いており、実際にスティーヴ・ヴァイのバンクバンドではキーボードとギター演奏を兼任で行っている。スティーヴ・ヴァイと張り合うことができる高度なテクニックを持っており、スティーヴ・ヴァイのライブではギターバトルを行ったりもする。

また、バニー・ブルネルデニス・チェンバースと共にスタートしたCABでの活動も知られている。トニー・マカパインは主にロック界で活動しているギタリストではあるが、CABでの活動でフュージョン界にもある程度認知度は広がっている。

 

クラシカルスタイル

トニー・マカパインは幼少の頃よりピアノ演奏をしていただけあり、ギターにもクラシックからの影響がみられ、クラシカルなフレージングが多い。そのため、日本では褐色のイングヴェイとも呼ばれている。

テクニック的にもスウィープ・タッピングを使いこなし、速弾きも得意である。親指と中指でピックを持ちスウィープを行うスタイルが特徴的であり、その際に余った人差し指はタッピングに用いている。そのことにより、スウィープを行った後に滑らかにタッピングを移行することが可能となっている。

クラシカルなフレージングに上記のような高度なテクニック・速弾きを交えるのがトニー・マカパインのスタイルであります。

近年はビリー・シーンマイク・ポートノイ、デレク・シェリニアンと共に活動している。やはり、スウィープ・タッピングの連続技に関してはとてつもなく高い技術を持っている。非常に滑らかかつ超速なフレーズを行っております。

クラシカルな要素の導入、そして高度なテクニックを持つトニー・マカパインでした。

 - ギタリスト , ,

  関連記事

no image
Warren DeMartini(ウォーレン・デ・マルティーニ)「RATTギタリスト」

LAメタル全盛期にヒットしたRATTのギタリストである、Warren DeMar …

no image
Pete Townshend(ピート・タウンゼント)「ウィンドミル奏法」

強烈な個性が集まるThe Whoのギタリストであり作曲家でもある、Pete To …

no image
Tom Sholz(トム・ショルツ)「ボストンそのもの」

モンスターバンドBostonの、ギタリスト、作編曲家、レコーディングエンジニア、 …

no image
エイドリアン・ブリュー(Adrian Belew)とは

フランク・ザッパ、キング・クリムゾン、デイヴィッド・ボウイ、トーキング・ヘッズで …

no image
グレッグ・ハウ(Greg Howe)とは

多様なテクニックを使いこなす超絶ギタリスト、Greg Howe(グレッグ・ハウ) …

no image
Pat Martino(パット・マルティーノ)「マシンガン奏法」

マシンガンの如く16分音符を止めどなく弾きたくる奏法で有名な人気ジャズギタリスト …

no image
アル・ディ・メオラ(Al DiMeola)とは

速弾きを初めて行ったのは誰であろうか?この問に答えるのは難しいというか不可能でし …

マティアス
マティアス・IA・エクルンド(Mattias IA Eklundh)とは

マティアス・IA・エクルンド(Mattias IA Eklundh)とはスウェー …

no image
Carlos Santana(カルロス・サンタナ)

哀愁のギタープレイが特徴のメキシコ出身アメリカ人ギタリスト、Carlos San …

no image
Stanley Jordan(スタンリー・ジョーダン)「両手タッピングの名手」

両手タッピングの名手である、Stanley Jordan(スタンリー・ジョーダン …