Onkui Channel

全ジャンル対応音楽メディア

*

ウィリー・ウィークス(Willie Weeks)とは

      2017/05/14

ウィリー・ウィークス(Willie Weeks)とはセッション界で活躍するベーシストであり、数多くの作品に参加している。

エリック・クラプトンのバンドでベースを弾いていることでも注目されているが、古くからとにかく数多くのセッションに参加してきている。チャカ・カーン、デヴィッド・ボウイ、ドゥービー・ブラザーズ、アレサ・フランクリン、ジョージ・ハリスン、ロッド・スチュワート、ローリング・ストーンズ、スティーヴ・ウィンウッド、ジョン・メイヤー、スティーヴィー・ワンダーといったミュージシャンと共演している。

ダニー・ハサウェイのアルバム『ライヴ』はウィリー・ウィークスのベストプレイと語る人も多く、ベーシストに人気のアルバムである。ジェームス・ジェマーソンのベースプレイと比較できる”What’s Going On”が聞けたり、”Voices Inside (Everything is Everything)”では長尺のベースソロが聞ける。

このベースソロはベースソロ史に残る名ベースソロであり、この録音のファンは大変多い。ジャズ・フュージョンのベーシストのような饒舌なベースソロではなく、R&Bベーシストが弾きそうなソロという感じではある。しかし、「the baddest bass player in the county」というダニー・ハサウェイの最高の前フリ、そしてそれに応えるウィリー・ウィークスのベースソロの構築力、ラストに向けた盛り上がりが素晴らしい。まさに、ライブにおけるプレイヤー同士の化学反応がなければ生まれなかったようなソロであり、文句なしのベース史屈指のベースソロといえる。

プレイスタイル

ウィリー・ウィークスは卓越した速弾きテクニックなどを持っているわけではないが、プレジションベースを用いた泥臭くも心地よいグルーヴ感を持つベーシストである。『ライヴ』でのベースソロは確かに素晴らしいが、基本的には裏で気持ちのよいグルーヴをひたすら弾いていくタイプである。

グルーヴについては丁寧で横に乗らせるようなものであるが、プレジションベースで弾いているせいか、ブイブイ言わせるような感覚もある。

ウィリー・ウィークスのベースプレイは、古いレトロの車みたいであり、現代のベーシスト達と比べると洗練された感じはないが、風情や味といった抽象的ながら人の感情に直接訴えかけるようなプレイであり、温かく人間っぽいのが心地よいです。

 - ベーシスト ,

  関連記事

no image
Pino Palladino(ピノ・パラディーノ)「グルーヴマスター」

ポップス、R&Bを主なる活動の場としながら、ロック、フュージョン、ネオソ …

no image
Hadrien Feraud(アドリアン・フェロー)「ジャコの再来」

センス溢れるフレージング、超人的なテクニック、細かいグルーヴが特徴のフランス人ベ …

ジャック・キャサディ
ジャック・キャサディ(Jack Casady)とは

ジャック・キャサディ(Jack Casady)とは、1944年4月13日生まれア …

no image
Abraham Laboriel(エイブラハム・ラボリエル)「強烈なアクの強さ」

あらゆるジャンルで活躍しているセッションベーシストである、Abraham Lab …

no image
マルコ・メンドーサ(Marco Mendoza)とは

マルコ・メンドーサ(Marco Mendoza)とはロック界で活躍するベーシスト …

no image
Stuart Hamm(スチュアート・ハム)「テクニックの宝庫」

セッションベーシストとして数多くのレコーディングやライブに参加している、Stua …

マイケル・マンリング
マイケル・マンリング(Michael Manring)とは

マイケル・マンリング(Michael Manring)とは、1960年生まれのソ …

no image
Jimmy Haslip(ジミー・ハスリップ)

左利きのベーシストである、Jimmy Haslip(ジミー・ハスリップ)。 左利 …

no image
Larry Graham(ラリー・グラハム)「スラップ生みの親」

スラップ奏法生みの親、Larry Graham(ラリー・グラハム)。 スラップ奏 …

no image
Dave LaRue(デイヴ・ラルー)「ロック界の隠れた名手」

ロック界の隠れた名手、Dave LaRue(デイヴ・ラルー)。 ドリーム・シアタ …